初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

潮風がひんやりと心地よく感じられるようになりました。海も空も澄んで清々しく、
初秋の可憐な草花も爽風に揺れる、島歩きにぴったりのシーズンです。

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

アート作品「カモメの駐車場」は、海風にくるくる回る風見鶏。
カモメたちも涼風を受けて、なんだか気持ちよさそうです。

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

この花が真っ赤に燃える頃から、本格的な秋を迎えます。
この島では、まるで緑の中の線香花火のように、
野草化して自然と一体になった彼岸花も見られます。

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

湿地や水辺で、ガマがソーセージのような穂をつける季節。
やがて秋が深まり、穂から綿毛が飛び出します。
ガマは風媒花。ふわふわの綿毛と一緒に種を秋風に乗せて、遠くへ飛ばします。

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

秋の訪れを告げる魚・カマスは、時速150kmにも達するスピードを誇る、海のアスリート。
白身の上品な味わいながら、この時期脂がのって最高においしくなります。

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

成長するにつれて呼び名が変わる魚・コノシロの旬は秋。
シンコ(幼魚)やコハダ(シンコより少し大きいもの)が鮨ネタとして人気ですが、
コノシロ(成魚)も旨味が強くて美味。酢の物がとてもおいしいですよ。

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

昔ながらの里山の風景に出会える佐久島。
秋を感じる果実や野花に遭遇するには、ぶらぶら歩くのがいちばんです。
千年以上も前、はるか西方から中国を経由して伝わったザクロも、この時期に赤い実を実らせます。

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

「秋の大祭」は、八剱神社で行われる大漁・豊作祈願の祭り。
打ち込み太鼓やお神楽、海の幸や祝い酒のふるまい、餅投げなどでにぎわいます。 
※2016年10月17日(月)

初秋の風が涼やかな、佐久島へ行こう。

夕陽が落ちて、西港が鮮やかな朱から次第に夜の色へと移ろっていきます。
刻々と変わる黄昏時の表情にうっとりするひととき。
たまにはこんな時間をゆったりと楽しんでみては?

定期船情報

投稿日:2016年09月21日
定期船情報

現在、1日7便の通常運航をしております。

佐久島行き出港時刻
午前 6:30 / 7:40 / 9:30 / 11:30
午後 13:40 / 15:50 / 17:50

一色行き(東港)出港時刻(西港出港は7分後)
午前 7:00 /  8:30 / 10:10
午後 12:30 / 14:50 / 17:15 / 18:20

▼佐久島アクセス情報はこちら
▼佐久島に関するよくある質問はこちら

運航に関するお問い合わせ先 佐久島行船のりば 0563-72-8284

ニュースアンドレポート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
投稿日:2016年09月16日
太鼓フェスティバル 10月30日(日)開催!

  2009年から続く太鼓フェスティバルも今年で8回目。 伝統の佐久島太鼓と愛知県内で活躍する8つグループが一堂にあつまって 小さな子どもから大人まで…………続きを読む

%e4%bd%90%e4%b9%85%e5%b3%b6%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e6%89%8b%e7%b4%99
投稿日:2016年09月16日
『佐久島のお庭と王様のイスと北のテーブル』

2016年秋、新たなアート作品が3ヶ所で公開! 作家 松岡徹による作品説明会が10月1日(土) ひだまり広場にて開催されますので、 どうぞお気軽にご参加ください…………続きを読む

投稿日:2016年09月16日
高校時代のお友達5人でようこそ!

高校時代(豊橋)の友人どうしで、今は静岡、広島、福井と、それぞれ県外の大学へ進学した5人グループの皆さん。うちお1人が以前来島して楽しかったということで、初めて…………続きを読む

投稿日:2016年09月16日
白山神社の十五夜祭

9月15日は、西地区の山あいにある白山神社の名月十五夜祭。 江戸時代が起源とされる、大漁・豊作祈願のお祭りです。 奉納太鼓と神事の後は、恒例の餅投げ。 大人も子…………続きを読む

pesuka
投稿日:2016年08月04日
アーティスト・レポ

版画家 猫野ぺすかさん   ありそうでありえない、 独自のファンタスティック・ワールド   佐久島弁天サロン内に、ちょっぴり不思議な版画が飾…………続きを読む

佐久島お出かけプラン
佐久島体験ま
佐久島釣り情報